≪ プロフィール ≫
booh
  • 作者:booh
  • 子育てお父さんのblog
    趣味は多摩川で
    ルアーフィッシング
    (シーバス、ナマズ)
    そして愛車はCherokee
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2009/08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -





名前

メールアドレス

メッセージ

ブログメールはk-sky.biz

ブログ内Search

DTIブログ!

へとへと

お母さんがお疲れです。
原因はしおりんのお転婆とイヤイヤです。

体力があり余っているしおりんは朝一からパワー全開で遊びます。
着替えを嫌がり、やだぁー!、やめてぇー!、だめ!の声を響かせ逃げ回ります。

どうにか着替えさせた後は三食の中で一番食べない朝食に手を焼き、しおりんのもういらなぁ〜いの
言葉に軽く青筋が浮くことがあるそうです。

食後は外遊びに出かけ、公園中を動き回るしおりんに振り回されヘトヘトになるお母さん。
外遊びが大好きなしおりんは帰ろうとしてもやだ!やだ!やだ!を連発し言うことを聞きません。

帰り道に立ち寄るスーパーでもちょっと目を離すとあっちこっちに動き回るしおりんにお母さんは
どっと疲れを感じるそうです。

昼食後の昼寝はなかなか寝入らず、起きると不機嫌なことが多いしおりん。
その後は夕方の散歩、夕食の準備、夕食に入浴をテキパキと片付け、1時間もかかる
寝付かせが終わる頃は疲れとイライラも頂点に…

ちょっと前は寝ればひと段落していましたが、最近は夜中に目覚めて飲み物を要求するそうです。
その時に起こされるのは決まってお母さんです。
しおりんは“ママ冷たいお水を持ってきてっ!”と命令口調。

夜もまともに眠れないとぼやくお母さんです。

思い出作り

この夏にした遊びは、じゃぶじゃぶ(室外での水遊び)、おさかな(水族館)、どっかん(花火)、
ちゃちゃんかちゃん(盆踊り)です。
しおりんはその時々で色々な反応を見せてくれ、どの遊びも喜んでくれました。

小さい頃の経験は記憶に残らないからもうちょっと大きくなったら色々な所へ連れて行こうと
思っていましたが、この考えは誤りのようです。

何週間か経ってから“花火きれいだったね”とか“イルカさんいたね”、“ちゃちゃんかちゃん楽しかったね”などと
話すことがあるし、経験した時と同じような状況になると“ジャブジャブしたいね”とか“おさかなまた見たいね”、
夜になり“どっかーんやるの”などと言ってきます。

確かに記憶には残らないかも知れないけれど、何かしら影響を受けているし感動もしています。
小さい頃から色々な経験をさせて、色々なことを感じ取って欲しいと思います。

これから涼しくなり夏以上に活発に遊べます。
秋にしたいイベントは、秋祭りの御神輿、横浜開港150周年、動物園、ぶどう狩りです。

しおりんが喜ぶ顔を何度でも見たいおとうさんです。

叱る

子供を叱ることは本当に難しいです。

叱りたくないが本音だけれど、叱らずに子育てをするなんて無理だと思います。
どうしても叱らなければいけない場面は絶対にあり、どうせ叱るなら上手に叱りたいと
考えています。


これまでの叱るパターンは、

普通に注意する(冷静)
⇒同じように何度か注意する(まだまだ冷静)
⇒声がだんだん大きくなる(イライラの炎がくすぶる)
⇒子供の余計な一言や態度にいらっとして怒鳴る(イライラの炎が一気に点火)
⇒結局言うことを聞かず強制執行(イライラの大火災)


初めは注意するだけでよかったしおりんですが、この頃は注意されるのにも慣れて
言うだけでは聞きません。
言うことを聞かないしおりんに親の声もだんだんと大きくなり、今は怒鳴ることが
多くなりました。

しおりんは怒鳴られることにも慣れ始めています。
まだ体罰はありませんが、今のままの叱り方をしていたらそのうち手が出ることに
なるでしょう。

怒鳴る前に言うことを聞いてくれるのがお互いにとってよいことです。
これがとても難しいことですが、怒鳴らないで済む叱り方を模索中です。

水族館

今日はエプソン品川アクアスタジアムに行ってきました。

水族館に最後に行ったのは何時だろう?
もう思い出せないくらいに昔のことです。

お父さんの思い出話はこれくらいにして、しおりんはと言うとただはしゃぐだけではなく
ちょっと真剣な顔で色々な魚を見ていました。




特に興味深く見ていたのは、イルカのショーと凄い勢いで泳ぐ皇帝ペンギンです。

最後はくるくる(メリーゴーランド)に乗り満足の1日になったようです。

多摩川花火

近くまで行くか迷ったけど今年も家の前で済ませました。
どうしても人が多い中に突っ込んで行く気になれません。



それにしても花火の写真って難しい。